スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄一

今日のゲストは大阪と東京からお越しのTさんとOさんです。
初めての伊良部島の海に期待に胸を膨らませて来島していただきました。

1。ナンバー15 2。クロスホール 3。Wアーチ
DSCF0533.jpg


トンネルなどの地形ポイントに潜るのを楽しみにしていたTさん。
想像以上の美しさに感動して、
「沖縄のいろんな海に潜った中で一番きれいだった!」とお褒めの言葉をいただきました。
また潜りに来ますとの一言ももらえて嬉しかったです。
スポンサーサイト

オニヒトデ駆除

今日は当店が所属する宮古島ダイビング事業組合のオニヒトデ駆除の作業に行ってきました。

宮古島の東側に大量発生しているとの情報を受け、組合のほとんどのショップが集まったのですが、海に潜って驚かされました。
30cm以上の大物がそこらじゅうにいて、サンゴを奪い合うように重なっていました。

私は午前中しか参加できなかったのですが、91分潜って110匹を駆除してきました。
全体で1000匹、午後にも1000匹の合計2000匹をとってきたようです。
20080326130117.jpg

今後も継続的に駆除が必要なようです。
宮古全域の海がオニに侵略されないように努めていきたいです。

懐かしのビーチ

今日は横浜から知人が体験ダイビングをしに来てくれました。
某プリンスホテルで働いていたときの先輩になるので接待ダイビングです。

場所はなんとイムギャーマリンガーデン。
20080325104838.jpg

宮古島の南側にあるビーチです。
いつもは下地島の中の島ビーチで体験ダイビングをするのですが、
宮古本島に用事があったので、空港で迎えてからビーチに直行しました。

8年前に宮古島の老舗ショップに勤めていたときに潜って以来、久しぶりのこのビーチ。
懐かしい思い出がいっぱい詰まったビーチでゲスト以上に楽しんでいた私でした。

ランチを食べてから老舗ショップにてマリンダイビングフェアの為の作業に参加しました。
20080325144247.jpg

作業内容は“黒糖割り”
小分けにして袋詰めをし、フェアの会場で格安販売します。
試食してみましたが、とっても美味しかったです。
売り切れになる前に手に入れてください!

太陽でてきなさい!

今日もゲストはOさんとIさんの2名です。
いよいよ最終日となった今日、天気予報は晴れマークがでていたのに、
出航前の空はどんより曇り空でした。

「私が来ているんだから太陽出て来なさい!」などと無茶な注文をしていたOさんでしたが、
なんと2本目を開始する頃には眩しい太陽がお目見えしていました。すごいっ!!

1。アントニオガウディ 2。中の島ホール 3。クリスタルパーク
P3220219.jpg P3220222.jpg P3220344.jpg

今日は地形ポイントをメインで潜る予定だったのですが、どうしてもウミウシばかりが目についてしまいました。

3本目の終了間際に獲物を狙って臨戦態勢のコブシメがいました。
P3220357.jpg P3220360.jpg

一瞬で獲物をとらえて、穴の中へと逃げ込むコブシメ(メス)、
その一瞬の動きに言葉にならない声を発してしまった我々でした。

クジラの声がこだまする通り池

今日も和歌山ダイバーのOさんと、午後のみとなったIさんと潜りました。
宮古の海と言えば、ダイナミックな地形ポイントで有名なのですが、
Oさんはマクロレンズ持参で潜っているのでウミウシも多数撮影されています。
P3200057.jpg P3210113.jpg P3210120.jpg

左からミゾレウミウシ・キカモヨウウミウシ・キャラメルウミウシ

P3210161.jpg

シモフリカメサンウミウシ(背中にカメの模様が浮かび上がる、、、らしい)

1。通り池
池に住むハナビラクマノミ
P3210098.jpg

アップでみると立派な卵がありました。(クリック↓)
P3210096.jpg


帰り道にいつも会えるクメジマオトヒメエビ
P3210109.jpg

アーチを抜けて海側に戻るとクジラの声がこだましていました。
まだ伊良部島近海にいるようです。

2。パナタ
写真には撮れませんでしたが、2本目ではギンガメアジがたくさん群れていました。
PA300186.jpg
(資料写真)

3。中の島チャネル
P3210179.jpg P3210145.jpg P3210185.jpg

ミヤケテグリ・イソギンチャクエビ・ヒトスジギンポ
今日の最後もマクロ中心でした。

<写真提供:O崎さん>

最後の最後に、、

今日のゲストは最終日となったMさん、
それから和歌山のお友達イントラから紹介のあったOさんとIさんの合計3名でした。

1。ミニ通り池
DSCF0794.jpg


2。中の島ホール
842455.jpg

ホールを抜けて船に戻る途中に穴の中でお休み中のナポレオンフィッシュに遭遇しました。
DSCF0839.jpg

我々が近づいても動じないナポさんでした。

3。魔王の宮殿
DSCF0860.jpg

Mさんのリクエストのポイントに最終日のラストダイブで来られました。
ひかりも予想以上にさしてくれて、無事に任務完了となりました。

<写真提供:Mさん>

雨上がりの下地島

PC304492.jpg

今日のゲストも昨日に引き続きのMさんです。
昨夜遅くに雷を伴う大雨が降り、風向きが北寄りに変わったので
今日は下地島方面に潜りに行きました。
(熟睡していたので昨夜の雨には気付きませんでしたが……)

1。アントニオガウディ 2。なるほど・ザ・ケーブ
地形もマクロも大好きなMさん、トンネル内に群れるハタンポにうっとりしていました。

カメラの腕も少しずつ上達してきています。明日は晴れの予報なのでもっと楽しみですね。

ちょうど1年前に~♪

今日のゲストは昨年の3月以来、1年振りの来島となりましたMさんです。
今年はデジカメ持参でやってきてくれました。
しかも、私のイチ押しのメーカー“富士フィルム”製です。

1。白鳥崎
DSCF0700.jpg

まずは動かないものから練習してみました。
「トサカリュウグウウミウシ」
緑のイボイボがきれいに撮れています。
先週くらいから頻繁に見られるようになったトサカリュウグウウミウシ。
今日もそこらじゅうにいました。
特に目を引いたのは、ワライホヤを食すトサカリュウグウウミウシ↓
DSCF0699.jpg

ものすごいスピードで食べていました。ギャル曽根も真っ青です。

DSCF0666.jpg

基本のクマノミも上手に撮れています。背景の紫色のイソギンチャクがいいですね。

2。クロスホール
昨日も発見したハダカハオコゼ(紫)のミニ
DSCF0701.jpg

小さな体をゆらゆらさせながら鎮座していました。

<写真提供;Mさん>

健全な若人

学生ダイバーの最終日となりました。
3日間ともお天気に恵まれて、晴れ男のリーダーのおかげと感謝しなければなりません。

今日もよく食べ、よく寝て、よく潜り、よく飲んで(呑んで)くれた
健康そのものの若者たちでした。

1。L字アーチ 2。Wアーチ 3。クロスホール
IMG_3524.jpg  IMG_3531.jpg

学生ダイバー二日目

今日も元気一杯の学生達と一緒に潜ってきました。
通常では6人までしか予約を受けないのですが、DM2名・RQ2名と
粒の揃ったメンバーなので1チームで潜っています。

1。マリンレイク 2。トリプルスリー 3。ミニ通り池
2本目に向かう途中でイルカの群れが見えました。
最近、イルカやクジラの遭遇率が上がっている伊良部島です。

IMG_3470.jpg

リーダー、ゆたかの会心の一枚。マリンレイクにて。


P1030560.jpg

ミニ通り池で150本と250本のお祝い。

若さ溢れる!!

今日からのゲストは関東から来た学生ダイバー9名様。
21歳から25歳までの元気いっぱいなメンバーです。

何ヶ月も前から予約をいただいていて、ついに実現した伊良部島合宿。
最高の天気に恵まれて笑顔あふれる船上でした。
20080315142939.jpg


1。アントニオガウディ 2。ドロップ1番 3。魔王の宮殿
マンタやらカメやら巨大ナポレオンフィッシュやら大物盛りだくさんな一日でした。

体験ダイビング&島内観光

今日のゲストは大阪からお越しのTさん夫妻。
体験ダイビングをしに伊良部島までやってきてくれました。
何日も前から楽しみにしていてくれたのに、今日はあいにくの雨です。
それでも、タンクを背負ったダイビングとその後のスノーケリングを満喫してくれたようです。
使い捨てのカメラのフィルムを使い切るほどの勢いで夢中で撮っていました。
no1.jpg


ダイビング終了後はレンタカーで島内観光に出発されていました。

スノーケリング講習

今日のゲストは、オーシャンハウスinさしばに宿泊中のO門様。
海の中を覗いてみたいらしいのですが、体験ダイビングには自信がないとのことで、
スノーケリングで楽しんできました。
P3139404.jpg

今日は透明度も高かったので、いつも以上にきれいに見えてお客様も大満足でした。
来年は水恐怖症の奥様も挑戦されるとのことです。

終了間際には保育所をお休みしていた長男、あきらも応援にきてくれました。
P3139407.jpg

電池が尽きるまで、、、

今日も今西さんとマンツーマンダイビングしてきました。

今西さんは「地球の海フォトコンテスト」の常連さんで、ここ何年か連続で入選されています。今回(4月4日からMDフェア会場)も昨年に宮古で撮影された写真で入選されているそうです。
もちろん今回も次回のために頑張っております。

1。トリプルスリー
P3090005.jpg
アンナウミウシ
撮影のコツを紹介しながら潜っているのですが、アカネハナゴイを下から煽るようにアドバイスをして見上げると、アカネハナゴイではなくてマンタが泳いでいました。
P3090128.jpg

慌てて撮ったので後ろ姿のみになりましたが、かなりのサプライズでした。

2。クロスホール
P3090077.jpg

3月にしては珍しく南風が吹いたので伊良部島まで船を走らせました。
光もたくさん差し込んでくれたので、何枚も撮影されていました。

3。中の島チャネル
昼食を済ませて休んでいると、海面がバタバタし始めてきたので下地島へ逆戻りしました。
P3090100.jpg

ここでは定番の魚たちを表情豊かに撮影するのを目標に頑張ってきました。
いつもは素通りしてしまう魚でも何枚かチャレンジすると、いつもと違った雰囲気の作品になるはずです。

P3090129.jpg

イソギンチャクを振り回すキンチャクガ二。
つり上がった目が何とも言えない可愛らしさがあります。

今日もデジカメの電池が切れるまでたくさん撮影して今西さんなのでした。

魔王→通り池→スナッパーズロック

m11.jpg

今日のゲストは1年に2度以上のペースで遊びに来てくれている今西さんです。

今日は天気も良く、波もないので潜るポイントは選び放題なのですが、
予定していたポイントは他のダイビングボートや漁船がとまっていて潜れません。
3月になって営業再開したショップが増えて混雑し始めたようです。

なので、急遽予定を変更して1本目から魔王の宮殿にしました。(何と贅沢な!?!?)
まだ誰も潜っていないので洞窟内はとても静かで落ち着いて見られました。

2本目も人気スポットの通り池に行きました。
エントリーするとすぐに聞き慣れない猛獣のような声がします。
かなり近くにいるように聞こえるその声の主はクジラの鳴き声だと思われます。
耳から離れないくらいの大音響なのですが、実際は数キロくらい離れているはずです。
もちろん周りをキョロキョロしてもクジラの姿は見られませんでした。
きっと、子育てのために島の近くまでやってきたのでしょう。

ダイビング中に運良く遭遇なんて、一度でいいから経験してみたいものです。

サンサン太陽

今日もO竹さん一名の貸し切りになりました。
空は晴れているのですが、気温は冷たく17度(←冷たいのか!?)で船に上がると
体が震えます。今日も水中は23度くらいと温かいです。
ゲストのO竹さんは和歌山の山奥からいらしているので、これぐらいの寒さには
負けるはずもなく元気に3ダイブでした。

1。ドロップ1番 
RIMG0046.jpg


2。魔王の宮殿 
maou.jpg


3。中の島ホール
yamabuki.jpg

日照不足に悩まされた2月も終わり、太陽燦々の日が増えてきました。
いよいよ地形ダイビングのシーズンインとなるようです。
寒がっている場合ではないようです。

AM;体験 PM;FUN

no1.jpg

今日は午前中に体験ダイビング、午後FUNダイビングのスケジュールとなりました。
体験チームは横浜からお越しのYさん、Mさんの女性コンビ。
YさんはCカードを持っているのですが、もう何年も潜っていないの超ブランクダイバーさんのため、ビーチからの初級コースに参加いただきました。
水温が21度と冷たかったのですが、海から上がると
「きれいだったねぇ」とか「たくさん魚が見られたねぇ」と言っていて
夢中になって楽しんでいただけたようです。

午後は到着後のダイビングとなった和歌山からお越しのO竹さんです。

1。中の島チャネル
3年前に宮古にきた時は宮古本島の東海岸に潜られたそうなので、
伊良部・下地島に潜るのは初めてだそうです。
なのでまずは基本のポイントから潜っていただきました。
耳抜きなど重要なスキルチェックをしてから水中散歩を楽しみました。
春が近づき、ウミウシもたくさん見られるようになり、O竹さんは熱心にデジカメで撮影されていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。